strongタグの使い方を覚える!【1分でわかるHTML編】

strongタグの解説HTML

こんにちはみっくです。

今回はHTMLのstrongタグについてのお話です。

みっく
みっく

strong タグはHTML内の強い強調を表すタグです

strongタグ(ストロングタグ)とは

みっく
みっく

「 strong」はストロング strong )で強い強調を表します。

<strong>はhtml内の本文に使用します。

HTML5からは<strong> ~ </strong> の中の一部を、 さらに <strong> ~ </strong> で囲むことで、さらに重要な箇所を指定できるようになりました。( strongタグの入れ子)

メモ

strongタグはインライン要素です。

SEO

strongタグはSEO効果も期待できると言われています。

みっく
みっく

以前、私は自分の別のWEBサイトで実験した事があります。strongタグを使用する前後で、検索の順位が5位から3位になりました!!

strongタグの表示例

HTML


<p>今日は<strong>晴天</strong>に恵まれすごくいい天気だ。</p>

<p>最近は<strong>運動不足なので、毎日<strong>ウォーキング</strong>をする</strong>事にした。</p>

ブラウザでの表示

今日は晴天に恵まれすごくいい天気だ。

最近は運動不足なので、毎日ウォーキングをする事にした。

メモ

一般的にstrongタグを使用した箇所は太字で表示されるようになります。

SEO

strongタグ を使用する場合は1ページにつき、2,3か所程度にするのがオススメです。

みっく
みっく

ワードプレスでは本文に太字を設定すると、自動的にstrongタグが設定されます。

strongタグの難易度

みっくのレビュー
難易度
 (2)

strongタグは、入れ子にできる分、文法が難しく感じるかもしれません。難易度は★2つレベルです。

みっぴー
みっぴー

入れ子にする場合は気を付けなきゃですね♪

strongタグの使用頻度

みっくのレビュー
使用頻度
 (4)

strongタグ は主にSEOを目的として適度に使用されます。使用頻度は4つレベルです。

さっぴー
さっぴー

1ページに2,3か所ぐらいがオススメでしたね♪

strongタグの重要度

みっくのレビュー
重要度
 (4)

HTMLのタグの中ではやや重要レベルです。重要度は★4つレベルです。

みっく
みっく

ぜひ覚えておきましょう♪

まとめ

「 strong」はストロング strong )で強い強調を表します。

HTML5からは<strong> ~ </strong> の中の一部を、 さらに <strong> ~ </strong> で囲むことで、さらに重要な箇所を指定できるようになりました。

strongタグ を使用する場合は、HTML1ページにつき、2,3か所程度にするのがオススメです。

strongタグは、入れ子にできる分、文法が難しく感じるかもしれません。 難易度は★2つレベルです。

strongタグ は主にSEOを目的として適度に使用されます。使用頻度は★4つレベルです。

HTMLのタグの中ではやや重要レベルです。重要度は★4つレベルです。

みっく
みっく

SEOも意識したページを作成しましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です