pタグの使い方を覚える!【1分でわかるHTML編】

pタグの解説HTML

こんにちはみっくです。

今回はHTMLのpタグについてのお話です。

みっく
みっく

このpタグはとても覚えやすいタグの一つです♪

pタグ(ピータグ)とは

みっく
みっく

「p」はパラグラフparagraph)で段落を表します。

<p> ~ </p>で囲まれた範囲が段落として表示されます。

<p> ~ </p>の中には文字画像を入れて使用します。

メモ

pタグはブロックレベルです。

pタグの表示例

HTML

<p>こんにちは</p><p>今日はいい天気ですね</p>

ブラウザでの表示

こんにちは

今日はいい天気ですね

メモ

pタグでくくられた箇所が段落となりますので、ブラウザで見るとそれぞれが縦に並んだ関係となります。

pタグの難易度

みっくのレビュー
難易度
 (1)

HTMLの中でも基本的なこのpタグは、とても覚えやすいタグと言えると思いますので、難易度は★1つレベルです。

みっぴー
みっぴー

私も覚えられました♪

pタグの使用頻度

みっくのレビュー
使用頻度
 (5)

HTMLの本文にも文章や画像が多数登場する事から、段落を表すこのpタグはとてもよく使われますので、使用頻度は 5つレベルです。

さっぴー
さっぴー

確かによく使われそうですね!

pタグの重要度

みっくのレビュー
重要度
 (5)

HTMLを理解する上でも中心となるタグの一つです。ワードプレスなどでも知ってると便利な事があります。重要度は 5つレベルです。

みっく
みっく

ぜひ覚えてみましょう♪

まとめ

pタグの「p」はパラグラフparagraph)で段落を表します。

<p> ~ </p>で囲まれた範囲が段落として表示されます。

<p> ~ </p>の中には文字画像を入れて使用します。

覚えやすいHTMLの一つで、難易度は★1つレベルです。

とてもよく使われますので、使用頻度は 5つレベルです。

HTMLの中心のタグの一つで、 重要度は 5つレベルです。

みっく
みっく

HTMLの本文では一番使われるかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です