keywordsの使い方を覚える!【1分でわかるHTML編】

keywordsの解説HTML

こんにちはみっくです。

今回はHTMLのkeywordsについてのお話です。

みっく
みっく

この keywordsではページのキーワードを定義できます♪

キーワードとは

みっく
みっく

「keywords( キーワード )」はmeta keywords (メタ キーワード)とも言われページのキーワード(主要語)の事です。

html内のhead領域に<meta name=”keywords ” content=”●●●,▲▲▲,■■■”>の形で記述します。 ●●●,▲▲▲,■■■ にページのキーワード(主要語)を複数記述します。

SEO

以前の検索エンジンはページの中身を理解する為にキーワードも参考にしていた為、SEOに効果があるという事が一般的でした。

みっく
みっく

近年では、グーグル(検索エンジン)がキーワードはSEOには効果がないと発表しています。

Google does not use the keywords meta tag in web ranking

Google does not use the keywords meta tag in web ranking

キーワードの表示例

HTML

<head>
<meta name=”keywords” content=”パソコン,HTML,CSS,ワードプレス”>
</head>

<body>
<p>キーワードは表示されるかな?</p>
</body>

ブラウザでの表示例

キーワードは表示されるかな?

みっく
みっく

headタグの中に記述する為、上の例のようにブラウザで見ても、WEBサイト上には「 keywords 」は表示されません。基本的にWEBサイト上に表示されるものは、bodyタグの中の情報のみとなります。

headタグを確認されたい方は、以下の記事を参考にお願い致します。

headタグの解説HTML headタグの使い方を覚える!【1分でわかるHTML編】

キーワードのコツ

みっく
みっく

もしページのキーワードを付ける場合は、優先したい順番で、カンマで区切りながら設定します。

みっく
みっく

一般的にはキーワードは3から5個程度に収めておくといいと思います。

キーワードの難易度

みっくのレビュー
難易度
 (1)

記述としては難しくありませんので、難易度は★1レベルです。

みっぴー
みっぴー

これもシンプルですね!

キーワードの使用頻度

みっくのレビュー
使用頻度
 (2)

現在はページのSEOに影響されないと発表されていますので、ほとんど使われなくなりました。使用頻度は2つレベルです。

さっぴー
さっぴー

今は、ほとんど使われなくなってるんですね!!!

キーワードの重要度

みっくのレビュー
重要度
 (1)

キーワードは以前はSEOの一環として使用していましたが、現在は効果がないと発表されいます。重要度は★1つレベルです。

みっく
みっく

知識としては知っておいてもよいかもしれません♪

まとめ

keywords( キーワード )はmeta keywords (メタ キーワード)とも言われページのキーワード(主要語)の事です。

html内のhead領域に<meta name=”keywords ” content=”●●●,▲▲▲,■■■”>の形で記述します。

WEBサイト上には表示されず、現在ではSEOにも影響がないと発表されています。

もしページのキーワードを付ける場合は、優先したい順番で、カンマで区切りながら設定します。

一般的にはキーワードは3から5個程度に収めておきましょう。

記述としては難しくありませんので、難易度は★1レベルです。

現在はページのSEOに影響されないと発表されていますので、ほとんど使われなくなりました。使用頻度は2つレベルです。

キーワードは以前はSEOの一環として使用していましたが、現在は効果がないと発表されいます。重要度は★1つレベルです。

みっく
みっく

SEOも時代に合わせて変化しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です