aタグの使い方を覚える!【1分でわかるHTML編】

aタグの解説HTML

こんにちはみっくです。

今回はHTMLのaタグについてのお話です。

みっく
みっく

このaタグはリンクを定義するタグです♪

aタグ(アンカータグ)とは

みっく
みっく

「 a 」はアンカーAnchor)で錨(イカリ)の意味です。

みっく
みっく

錨の固定するものというニュアンスから、特定の位置を表す目印という意味合いです。

aタグは単独で使われる事はなく、 <a href=”リンク先のURL”>リンクの文字</a> のような形でhrefと一緒に使用します。

みっく
みっく

「 href 」はエイチレフと読み「hypertext reference」の略で、ハイパーテキストの参照の意味です。

みっく
みっく

つまり「a href (アンカー エイチレフ)」で、ハイパーテキストの参照の目印となり、リンクの意味となります。

メモ

ハイパーテキストとはHTML言語の事を指します。

メモ

aタグはインライン要素です。

aタグの表示例

HTML

<p><a href="https://pc-lecture.com/profile">自己紹介</a>の内容を確認する</p>

ブラウザでの表示例

自己紹介の内容を確認する

みっく
みっく

上の例のように、hrefの中に、リンク先のURLを記述します。

メモ

初期設定のリンクは下線付きの青文字で表示される事が多いです。

pタグについては、以下の記事を参考にお願い致します。

pタグの解説HTML pタグの使い方を覚える!【1分でわかるHTML編】

aタグの難易度

みっくのレビュー
難易度
 (3)

aタグの記述に加え、リンク先のURLなどつまづきやすいポイントがあります。難易度は★3レベルです。

みっぴー
みっぴー

終了タグも忘れずにですね♪

aタグの使用頻度

みっくのレビュー
使用頻度
 (5)

必ずと言っていいほどすべてのWEBページで多様されますので 、使用頻度は5つレベルです。

さっぴー
さっぴー

WEBサイト内のリンクはもちろん、別のWEBサイトへのリンクもありますね♪

aタグの重要度

みっくのレビュー
重要度
 (5)

WEBページは様々なページをリンクでつなぐ事で、見やすく発展してきました。重要度は★5つレベルです。

みっく
みっく

これはぜひ覚えましょう♪

まとめ

「 a 」はアンカーAnchor)で錨(イカリ)の意味です。

錨の固定するものというニュアンスから、特定の位置を表す目印という意味合いです。

<a href=”リンク先のURL”>リンクの文字</a> のような形でhrefと一緒に使用します。

「 href 」はエイチレフと言い「hypertext reference」の略で、ハイパーテキストの参照の意味です。

「a href (アンカー エイチレフ)」で、ハイパーテキストの参照の目印となり、リンクの意味となります。

aタグの記述に加え、リンク先のURLなどつまづきやすいポイントがあります。難易度は★3レベルです。

必ずと言っていいほどすべてのWEBページで多様されますので 、使用頻度は5つレベルです。

WEBページは様々なページをリンクでつなぐ事で、見やすく発展してきました。重要度は★5つレベルです。

みっく
みっく

HTMLの中でも最重要のタグの一つだと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です